HOME>ホットトピックス>当事者が本来受けられるべき損害賠償を受ける為の最善策

任意保険会社は営利企業です

交通事故の当事者となった場合に最も頭を悩ませる要素となるのが損害賠償についてですが、殆どのケースは任意保険会社に対応を一任するのが一般的となっています。しかしここで注意が必要となる要素が、任意保険会社は営利企業であり利益を確保する為に当事者が本来受けられるべき補償を、受けられないケースが少なくありません。そのような場合、本来受けられるべき補償を受ける為に弁護士に依頼すると言う方法があります。

過去の判例に基づいた基準での算定

任意保険会社が算定する損害賠償の基準は自賠責保険の基準を基にした社内基準となりますが、本来は過去の交通事故の判例に基づいた基準で算出した損害賠償額を受けられるべきであり、その為には弁護士への依頼と言う選択がベターとなります。

訴訟を見据えた判断

過去の交通事故の判例に基づいた基準で保険会社と争うには訴訟を起こす事になりますが、個人で訴訟を起こすとなると訴状の作成や損害額の算定はハードルが高いのが実情です。また解決までの期間は長期化する場合が多いので、費用はかかりますがトータル的に考えた場合は、弁護士に依頼するのがベターな選択となります。

費用と大前提となる事

交通事故に関する案件を弁護士に依頼する場合には相談無料を謳うケースが多く、任意保険に弁護士費用特約を付帯していれば費用が賄えますので、付帯を検討する価値はあるでしょう。弁護士に依頼する場合にマナーとして、法の下で解決するにあたり嘘をつかないという事が大前提として挙げられます。

広告募集中